SBI Social Lending
  • 借手専用ページログイン
  • 投資家サイトはこちら

用語集

ソーシャルレンディングとは

お金を「借りたい人」と「投資したい人」を結ぶソーシャルレンディング

個人が主役となる新しいマーケット

借手に対しては低金利での借入、投資家に対しては資産運用と社会貢献の両立を提供

ソーシャルレンディングとは「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」を、インターネットを通じて結びつけるサービスとなります。「お金を借りたい人」と「お金を投資したい人」を結びつけるソーシャルレンディング事業者はインターネットを活用することで低コスト経営を行うことが可能になります。その為、通常の借入及び貸付事業に比べて仕組み上のメリットがあり、ソーシャルレンディングサービスでは借手には低金利、投資家には高利回りという形で利益を大きく還元することができる可能性があるのです。

ソーシャルレンディングは2005年にイギリスのZOPA、2006年には米国のProsper、2007年には同じく米国のLending clubがサービスを開始しました。又、ドイツ、中国、韓国、オーストラリア等、世界各国で次々とソーシャルレンディング事業者が誕生して急成長を続けており、今後更に市場は拡大を続けていくと見込まれています。

SBIグループが提供するソーシャルレンディングサービスの仕組み

1.投資家の募集

SBIソーシャルレンディング社(貸金業登録:東京都知事 (3) 第31360号、第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2663号、以後「営業者」)は、貸付事業に投資する投資家の募集を行います。

営業者は、ホームページで投資家の募集を行います。投資家は、契約締結前書面を確認し、投資のリスクと手数料その他の契約書面等を十分に理解し同意した上で、投資の申込を行います。

投資家は営業者と匿名組合契約を締結し、投資金額を送金します。

2.お客様からの借り入れの申し込み、貸付

営業者のホームページ上で、借手を募集します。営業者の審査に承認されると、借手に貸付条件等を記載した契約締結前書面を送付いたします。

借手は契約締結前書面をご確認頂きます。そして、金銭消費貸借契約を十分に理解し同意、締結いただける方のみ貸付が実行されます。尚、投資家の資金が不足している場合には、資金が集まるまで借手にはお待ち頂く場合があります。

借手に貸付を行うのは営業者です。投資家が借手に直接貸付を行うことはいたしません。

3.お客様からのご返済

借手は営業者と締結した金銭消費貸借契約に従って、返済します。返済の方法は、初回のみ銀行振込となり、その後は銀行引き落としとなります。但し、借手の返済が遅延した場合は、銀行振込での返済となります。

4.投資家への配当

営業者は借手から返済された金額から、各種手数料・源泉税を控除した額を投資家に配当します。

  • SBI証券担保ローン 借入金額:30万円~3000万円 実質金利:3.5% 借入期間:1年 資金使途:フリー 対象者:SBI証券に弊社指定の有価証券をお預けの個人・法人
  • ELOAN
ページ上部へ戻る